リフォームアドバイス、キッチン

イノウエ流 キッチンリフォームのアドバイス

キッチンをリフォームしようと思ったとき、どんなキッチンにしようかあれこれ考えますよね。 またどんなキッチンの種類があって、どの程度費用が掛かるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか? キッチンのリフォームは、キッチンのタイプによっても大きく特徴が分かれ、今のお宅の間取りや広さ、ご家族の構成などによっても向き不向きが分かれていきます。 このページでは、タイプ別キッチンリフォームをタイプ別に解説し、タイプ別キッチンリフォームの特徴をご紹介します。 キッチンのリフォームをお考えの方は、是非こちらのページでキッチンリフォームの基礎知識を学びましょう。

その1 キッチンリフォームの種類を理解しよう ~タイプ別キッチンリフォーム~

キッチンのタイプは主に3つに分かれます。 一つ目はコンロ、流し台、調理台が一列に並ぶI型キッチンです。I型キッチンはいろいろな種類が販売されており、比較的低価格帯のものから高価格帯のものまで様々です。特に、今現在I型キッチンの場合、かたちを変えずにリフォームをすることで、リフォーム費用が安く抑えることも可能です。 二つ目はL型キッチンです。L型キッチンは・・・※後日再度本間さんにヒアリング 三つ目は対面型・アイランド型のキッチンです。対面型・アイランド型のキッチンはキッチンに開放感が出たり、リビングで過ごす家族との会話には入れたりと現在人気のあるタイプです。半面、I型・L型に比べて収納力が乏しいというデメリットもありますので、現在のお宅の間取りによってはリフォームの工事費用が大きくかさんでしまうこともありますので注意が必要です。


それでは、I型・L型・対面型・アイランド型キッチンの特徴についてより具体的に解説していきましょう。

その2 タイプ別キッチンの特徴を理解しよう

I型キッチン

低価格帯~ハイクラスのものまでさまざま。
I型⇒I型キッチンへのリフォームは費用を安く抑えられることも。


現在多くのお宅に導入されているキッチンがI型キッチンです。I型キッチンの一番の魅力は、やはりコスト抑えることができるという点でしょう。特に、現在I型のキッチンを同様のI型キッチンにリフォームする場合、床工事をする必要がない場合も多いため費用を安く抑えられます。 また、キッチンの幅・奥行のバリエーションも豊富ですので、キッチンの間取りをあまり気にせずリフォームを行うことが可能です。
「今のキッチンの収納力に不満がある」 「古くなったキッチンを新しくしたい」 「換気扇の掃除を楽にしたい」 といった「キッチンの位置」ではなく「キッチンそのもの」に不満をお持ちの方で、現在のキッチンがI型キッチンの場合は、同様のI型キッチンにアップグレードするリフォームが費用も安く収まる場合が多いのでおすすめです。
多くのメーカーからI型キッチンが販売されていますので、皆さんの不満を解消するキッチンを見つけることもできるでしょう。

I型キッチン おすすめポイント

  • 費用を安く抑えられる。特にI型からI型キッチンへのリフォームは効率的。
  • 「キッチンの位置」ではなく「キッチンそのもの」に不満がある方は、種類が豊富なI型キッチンでアップグレードするのがおすすめ。
  • 幅・奥行・高さは自由に調整可能。

L型キッチン

限られたスペースでも広い作業スペースを確保することが可能。
しかし、コーナースペースの活用には注意が必要。


L型キッチンの最大の魅力は、限られたスペースのなかでもしっかりと作業スペースを確保することができる点です。 一般的に必要とされているキッチンの横幅が2,550㎜程。I型キッチンの場合、キッチンの横に冷蔵庫等を配置する場合も多く、結果的に横幅だけで3,500㎜程のスペースを確保する必要があります。キッチンの間取りによってはそこまで広いスペースを確保することが難しい場合も多いですよね。そんな方にオススメなのがL型キッチンです。L型キッチンにすることで、横幅を広く確保できない間取りであっても、十分な作業スペースを確保することが可能です。
今お宅でL型キッチンを使用している場合は、L型キッチンへのリフォームは工事費が安く抑えられる場合が多いので、費用を抑えたい方にはオススメです。 また、L型を少し改良し、対面型キッチンのリフォームを行うことができる場合もあります。L型キッチンから対面型キッチンへのリフォームは、通常よりも費用が少しかかることが多いですが、「今の暮らし方をガラリと変えたい」という方は、リフォーム会社に「L型キッチンから対面型キッチンへのリフォーム」についてご相談されても良いかもしれません。

一方でL型キッチンのリフォームで注意しなくてはならないのが、「コーナー部分のスペース」です。 L字型キッチンはその構造上どうしてもコーナースペースが生じてしまいます。 コーナーの部分には食器や調理済みの料理をおける余裕があって便利は反面、コーナー下の部分には収納等を設置することが難しい場合が多くなります。そのため、場合によっては別途収納スペースを確保する必要が生じてしまい、より広いキッチンスペースを確保する必要が出てくる場合があります。
キッチンスペースが限られていて、I型キッチンや対面型・アイランド型のキッチンを設置することが難しい方や、一度に多くの料理を作るため広いスペースが必要な方はL型キッチンのリフォームをご検討されてみてはいかがでしょうか。

L型キッチン おすすめポイント

  • 限られたスペースでもしっかり作業スペースを確保できる。
  • 2人以上の作業も余裕をもって行うことができる。

対面型・アイランド型キッチン

開放感と家族との対話が最大の魅力。
半面、収納力や広いスペースをとるのが難点。


現在とても人気の高い対面型やアイランド型キッチン。その証拠に、新築住宅の多くが対面型キッチンを採用しています。 対面型キッチンやアイランド型キッチンの最大の魅力は、なんと言っても料理をしながら家族との会話に入れるという点でしょう。当店のお客様からも「一人寂しく料理をしたくない。」「家族の会話に入りながら料理をしたい。」というお声を多数いただき、対面型キッチンをお求めになる方も多くいらっしゃいます。 また、アイランド型キッチンでは、開放感のあるキッチンスペースを活用し、友人・知人を招いたホームパーティができるなど、料理をおしゃれに楽しむこともできますね。
しかし、対面型やアイランド型のキッチンの最大の難点は「収納力」と「広いスペースをとってしまう」ということです。 例えば対面型キッチンでは、多くの場合キッチンの背後に収納棚などの収納スペースを配置します。そのため、キッチンと背後の収納スペースとの間に人ひとり通れる程度のスペースが必要となります。一般的には910mmの通行スペースを確保する必要があると言われていますが、引き出しの出し入れなどを考えるとかなり狭いスペースとなってしまいます。当店では快適なキッチンづくりのために1,200mmの通行スペースを確保することをお勧めしています。これだけでも通常よりも広いスペースが必要となります。 アイランド型キッチンでは、部屋の中央にキッチンが配置されます。そのため、対面型キッチンよりも広いスペースが必要となります。また、アイランド型キッチンでは吊り戸などの収納スペースを作らないため、別途収納棚や収納庫を作る必要があります。さらに、換気扇もキッチンの真ん中に配置する必要があることが多く、場合によっては天井の改修も必要になることがあります。
おしゃれにキッチンライフを楽しむことのできる対面型やアイランド型のキッチンですが、それに伴って費用が割高になってしまうことも考慮に入れていただくことが大切です。

対面型キッチン、アイランド型キッチン おすすめポイント

  • 知人・友人を呼んでホームパーティ、家族との会話をしながら料理を楽しみたい、そんな方におすすめ。
  • 対面型キッチン、アイランド型キッチンに強いこだわりがある方

弊社では、リフォーム後のキッチンの様子を事前に3Dでお出しします。
実際のご自宅の間取りに合わせて3D映像を制作しますので、リフォーム後のお宅を鮮明にイメージできます。

その3 いざリフォーム!・・・その前に自宅のキッチンをチェック!

ここまでタイプ別キッチンの特徴や、タイプによって異なるリフォームのメリット・デメリットをご紹介してきました。 ここからは、リフォームを行う前にご自宅でやっていただきたいことや、良いリフォームを行うためにはリフォーム会社とどのように付き合えばよいか?を解説いたします。

①まずは自宅のキッチンタイプを調べよう

皆さんのご自宅のキッチンはI型、L型、対面型、アイランド型の度のキッチンでしょうか?現在のキッチンのタイプによってもリフォームの仕方が大きく変わってきますので、まずはどのタイプのキッチンか調べてみましょう。

②リフォームをする理由・不満になっている点を具体的に整理しましょう

リフォームをしようと思ったきっかけ、なぜリフォームをしようと思ったのか、を改めて整理してみましょう。 また、現在のキッチンのどこに不満を持っているのか、ノートに書きだすなどして具体化していくこともおすすめです。

③リフォームの専門家に不満を相談して、提案をもらいましょう

ご自宅のキッチンの不満な点が明らかになったら、それをリフォーム会社などの専門家に打ち明けて相談してみましょう。 当店ではリフォームを通じてお客様に喜んでいただくために日々暮らしのサポートを行っています。お客様がどのような不満を抱えているか、どのような問題を抱えているか、とにかく専門家に吐き出してみましょう。 そのうえで専門家に不満を解消するためのリフォームの提案をもらいましょう。

④提案の内容を様々な側面からディスカッションしましょう

キッチンのリフォームは頻繁に行うことではありません。リフォーム会社などからもらった提案は、いろんな側面から話し合いを行いましょう。 ご家族の方との話し合いはもちろん、過去に同じようなリフォームを行った方から話を聞いてみるのも良いでしょう。 そのうえで、リフォーム会社の方とよく相談をして、ご自身が納得できるリフォームプランを作り上げていきましょう。 キッチンのリフォームは、毎日の「食」を豊かにするとても大切なイベントです。良いリフォームを実現できるよう、リフォーム会社と良い関係性を築いていきましょう。

Q&A

レンジフードのファンにはどんな種類があるの?
システムキッチンの値段の違いが分からない
お勧めのシステムキッチンを教えて下さい。
お問い合わせ
 
アクアプラザ・イノウエ
新発田店
〒957-0063
新潟県新発田市新栄町1-3-2
TEL:0254-26-1801 FAX:0254-26-1802
 
アクアプラザ・イノウエ
新潟竹尾店
〒950-0862
新潟市東区竹尾4-12-25
TEL:025-273-4500
FAX:025-273-4502
アクアプラザ・イノウエ 新発田店
アクアプラザ・イノウエ 竹尾店